「寒い冬にアロマバスソルト」で身体の芯まであたためよう。

正月を過ぎると、寒さも増して風邪をひきやすい時期になります。
1月2月は特に、寒さにより免疫力が低下しやすくなり体調を崩す方も多いのではないでしょうか?
気温の低下により身体の末端から血行が悪くなることで、より一層寒さを感じやすくなってしまいます。

こんな寒い時期はゆっくり湯船につかって体を温めると、免疫力も高まるため風邪予防にも効果的かもしれません。

特に最近はバスタイムにアロマを利用して、リラックス効果を高めたり、
体温を上げて免疫力を高めるなど効果的な体調管理にもアロマを使う方も増えてきました。

アロマオイルはハーブなどの植物の有効成分を抽出した揮発性のオイルのことで、植物の葉や花、果皮、樹脂などから抽出されます。植物により異なる香りや成分を持っており、現在では、300種類ほどのアロマオイルがあります。

湯船にアロマオイルを適量垂らして、蒸気と一緒に吸入することで、粘膜が潤い、喉や肺からのアロマ成分の吸収が良くなるそうです。
また湯船に岩塩を入れることで体温の保温効果のある岩塩に、アロマオイルを垂らすことでさらに体が温まり、発汗作用も高まり新陳代謝のアップにもつながります。

これからの寒さの厳しい季節は、身体の芯から温まるアロマバスソルトがおすすめです。
寒い日でも、お好みの香りや成分を選んでアロマバスを楽しんでみてはいかがでしょうか?

富士 沼津 藤枝 富士吉田の第一建設
詳細は第一建設ホームページでご覧いただけます。

K-mix ラジラ 1月9日木曜日 OA AM10:40~AM11:00 オンエア

第一建設ホームページ

第一建設facebook

第一建設LINEページ

コンテンツ提供:第一建設株式会社

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 空前絶後の求人難 歴史的に見てもこれほどの人材不足はなかったと感じています。 求人広告に掲載すれ…
  2. 会社も生き物なんです。 企業が成長戦略を考えるときに、組織全体が成長するためにどのような領域に注力…
  3. 人付き合いの中で、こういう言葉を相手に言った時に相手はどう思うのか? 相手にどう言ったのかよりも、…

記事カテゴリー

ページ上部へ戻る