静岡県富士市のPR・ブランディング・SNSコンテンツメーカー

PR・SNS/ウェブ戦略はアドシップへ。「コミュニケーションをデザインする」

【2019年度】Amazon の有料サービス解説【Kindle Unlimited編】

1 views
約6分
コラム
【2019年度】Amazon の有料サービス解説【Kindle Unlimited編】

今や世界的なショッピングサイトと言ってもいいほどの知名度を誇る「Amazon」
お急ぎ便などの便利な特典で有名な「AmazonPrime」はみなさんもうすでにご存知かと思います。
でもちょっと待ってください。Amazonにはこれ以外にもお得な有料会員サービスがあるんですよね・・・。

本記事ではAmazonPrimeと、有料会員サービスであるKindle Unlimitedの一部紹介・比較・レビューをしていきます。
※比較する会員プランにおいて、「両方使う」という選択肢は無しで行きます。

お急ぎ便だけでも元が取れる!?月額400円(税込)で十分すぎるお得サービス『AmazonPrime』

皆さんもTVコマーシャルなどで一度は目にしたことがあるであろうAmazonPrime
筆者もPrimeVideoの魅力に取り憑かれ、年間会員になって気づけば4年ほど経過していました。

ちょっとした買い物をする際にでも、お急ぎ便無料はとても嬉しいサービスですよね。住んでいる地域にもよりますが、一月に2、3回の買い物をお急ぎ便で注文するだけで元が取れてしまうのではないのでしょうか。

盛り沢山過ぎる特典から2つピックアップしてご紹介します。

お急ぎ便無料サービス

前述もしましたが
ネットショッピングをする際に挙がる心配事の1つとして、「注文した商品がすぐ欲しい」
お店に行かなくても買い物ができる反面、遠方から発送される商品はどうしても届くまでに時間がかかるイメージですよね。
AmazonPrimeの特典の『お急ぎ便無料サービス』を使えば楽々解決。
注文の際にチェックを入れるだけで簡単に選択することができ、午前中に注文すればその日の午後に届く商品だってあります。(商品によっては日を跨ぎますが…)

大事な人との大事な日、大事なプレゼントを買い忘れたときにだって「AmazonPrimeに登録していたから助かった」なんてことがあるかもしれませんね。

Prime Video

私がAmazonPrimeを利用する一番の理由です。
登録すると、テレビドラマ、映画、アニメと様々な作品をシリーズものでも、追加料金無しで楽しむことができます。(一部有料作品あり)
最新のドラマ作品も配信されていることがあるので、見逃し対策にもなりますね。
私は一挙配信されているポケモンのアニメを一から見ています。
作品の新旧、国内外の作品が取り揃えられており、最近ではPrimeオリジナルという限定作品も見ることができます。
ちなみに、筆者のオススメは『ドキュメンタル』です。

“画像引用:Amazon.co.jp: HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル シーズン5を観る | Prime Videoo

AmazonPrimeにも複数の料金プランがありました。

お恥ずかしながら、私もこの記事を書くにあたっての調査で初めて知りました。
単にPrime会員といっても3種類のプランがあるそうで、以下の通りです。

Amazon Prime
Amazonファミリー会員(年会費4900円)
Prime Student(年会費1900円)

Amazonファミリー会員は2003年以降に生まれた子供がいる場合等の条件があるようですが、Prime会員+αのサービスがあるとのこと。
そしてPrime Student(プライムスチューデント)は無料期間が6ヶ月あるようで、お得な使い方もできるようです。

ファミリー会員とプライムスチューデントに関しては、お得な使い方や様々な特典があるようなので、今後も調査を進めて追記や別記事で紹介をしていこうと思っています。

使っているスマホ・タブレット・PCが「持ち運べる本棚」に。

なんでも電子化。なんでもデータ化。「世の中便利になったもんだ」と、つい口にでてしまうような今日この頃です。
KindleUnlimitedは月額制の電子書籍読み放題サービスで
Amazonの発のタブレット端末「Fire」シリーズ、「Kindle」シリーズとの組み合わせると
いつ、どこにいても電子書籍を読むことが可能になるわけです。

気になる料金は…?

本を1冊買うとなるとやっぱり500円〜1500円くらいはしますよね。(文庫や大判で変わってきますが)
KindleUnlimitedの月額料金はなんと…

月額980円!!

画期的すぎます。
単純計算で月に2~3冊読むだけで元が取れてしまいます。
もっと言えば3冊以降はタダで読んでいる(?)ようなものです。
それに加えて電子書籍ですから、持っているデバイスでどこでも読むことができちゃいます。

『KindleUnlimited』便利でお得ではありますが…

実はPrime会員であれば、月に1冊ですがKindleサービスの中からダウンロードがでます。
これをどう捉えるかが重要です。
先ほどはあまりのお得さに「3冊以降はほぼほぼ無料!」みたいなことを書いてしまいましたが
現実問題、1ヶ月に本を3冊以上読むのって難しくないですか?
筆者の読書スピードが激遅ということもありますが…
筆者は1冊読みきれていないのが実情です。
それにKindleUnlimited会員単体ではお急ぎ便等のサービスはついていないし…

それらのことを考えると…

・本をたくさん読むことができる人⇨『KindleUnlimited』
・たくさんは読めないけど…な人⇨『AmazonPrime』の月一冊ダウンロード特典

こんな感じではないでしょうか。
先述しましたが、筆者は読書のスピードが早くないため、どうしても『KindleUnlimited』では元が取れません。
しかし、Prime会員だと専用端末のKindleシリーズなどの割引特典をうけることができるようです。
上手くできてますね…

そこで私がおすすめしたいのは

まずはPrime会員になり、かっこいいKindle端末を安く手に入れ、月に一冊読みたい本を読む!
Kindleの詳細はコチラで

これに尽きますね。
今まで本をモリモリ買って読んでいたという方ならば、
まずは1.2ヶ月分の本代をKindle端末の購入に当てることをおすすめします。

あくまで私個人の感想・意見ですが…Prime会員のみでいいかと!
別途電子書籍の購入もできますし、そもそも本を買うよりは安く読書ができますし…。
なによりPrimeVideoは手放せません。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
0545-53-7809